9月の誕生果 

ぶどう・巨峰  【ブドウ科 ブドウ属】

 kyohou3.jpg
■巨峰(きょほう)
日本の黒ぶどうを代表する一つ「巨峰」は1942年、静岡県の大井上康氏によって誕生した品種で正式品種名は「石原センテニアル」です。石原早生とセンテニアルの交配で、甘味が強くとてもジューシーで皮はむきやすく日本人の味覚に適しています。この巨峰とカノンホールマスカットの交配種が「ピオーネ」です。

 ■選び方
軸がしっかりして果皮に瑞々しさと張りのあるもの。房の上部ほど甘味が強くなります。表面を覆う白い粉は“ブルーム”と呼ばれる果糖の結晶で、水分の蒸発を防ぎ食べても害はありません。ブルームは鮮度が良い印で、食べる直前まで洗い流さないようにして下さい。

■簡単レシピ
〈巨峰のコンポート〉
●材料
巨峰・・・・・1房
レモン汁・・・大さじ2
砂糖・・・・・100g(お好みで)
白ワイン・・・150ml
シナモンパウダー・・・適量

●作り方
@巨峰は皮と種を取り除き、レモン汁をかけます。
A砂糖と白ワインを合わせて煮立たせたら@を加えて10分ほど煮詰めます。
B冷めたら冷蔵庫へ。食べる時にお好みでシナモンパウダーをかけて下さい。